様々な機能が搭載されていて誰でも簡単に扱えるPOSレジの魅力

SITEMAP
棒金

細かいオーダーができる飲食店はPOSレジを導入しよう

レジのキー

ラーメン店やステーキ店など飲食店には、メニューを細かくオーダーできるようにしていることがあります。トッピングや様々な加減などのオプションはオーダー業務に大きな負担となっていることもあります。また、スタッフを採用した際にはメニューやオプションを覚えるまで時間がかかるため、業務効率も低下します。そこでオプションオーダーが多い飲食店はPOSレジを導入しましょう。
POSレジは、スタッフがオーダーを受ける方式から、セルフオーダー式も低予算で導入することができます。どちらも細かいオプション設定を専用アプリで行うことができます。オーダー情報は厨房へ細かい情報も含めて伝達されるため、オーダーミスの問題がなくなります。また、セルフオーダー式ならお客さんも好みに合わせて自由に選べ、おすすめのトッピングメニューなどの設定も可能です。また、POSレジはタブレット端末などを利用するものが主流となっており、メニュー情報からオプションまで液晶ディスプレイに表示されます。そのため、専用端末でボタン式のものよりも使いやすいというメリットもあります。そのほかにも、オプションのオーダー情報はリアルタイムで精算情報に反映されるため、飲食店でレジの精算に時間がかかってしまうといったことも解消することができます。まずは、細かいオーダー対応にPOSレジを導入しましょう。

イベントに出店する飲食店にPOSレジの導入がおすすめ

イベントなどに定期的に出店するという飲食店のオーナーの方、当日のオーダー業務や閉店後の集計作業に苦労していませんか?また、開催期間が長いイベントの場合、売上から材料手配を予想する必要もあります。しかし、手作業による対応は時間や負担もかかります。また、営業中の精算業務も負担が大きくなります。そこで、飲食店向けのPOSレジを導入するのがおすすめです。
これまでのPOSレジといえば、電源供給が必要な大きな端末というイメージがありました。しかし、最新の飲食店向けPOSレジはタブレット端末を利用し、電源不要のキャッシュドロアとモバイル電源で使えるプリンタと組み合わせることで、屋外でも使用が可能になっています。そのため、イベント会場でのオーダー業務に使用することができ、精算金額も自動計算してくれるため、スタッフの負担が軽減されます。また、オーダー情報が自動集計されるため、これまで営業終了後の電卓で計算していた売上集計がワンタッチ操作で済みます。さらに売上データからオーダーの多いメニューを把握でき、減っている材料の追加発注や、予測発注も行うことが可能になります。タブレット端末ならモバイルバッテリーやモバイル電源といった最小限の電力確保で済み、発電機が使用できない環境にも最適です。イベント用の持ち運び可能なPOSレジを導入して、負担を軽減しましょう。

タブレットやスマホ利用の飲食店向けPOSレジなら追加も容易

これまで、飲食店向けのPOSレジといえば、専用管理端末とオーダー端末そして専用システムといった構成となり、全体で100万円を超えるといったものが一般的でした。その上、オーダー端末を増やしたいという際には端末費用が高く、安易に増やせないといった問題もありました。しかし、最新の飲食店向けのPOSレジは導入コストは抑えられており、オーダー端末も自由に増やすことができます。
飲食店向けのPOSレジとして主流になっているのが、市販のタブレット端末やスマホ、パソコンを利用したものです。市販品に専用アプリやソフトウェアをインストールして使用するだけとなり、これまでのように高額な専用端末を購入する必要がありません。タブレット端末なら1台2~4万円で購入することができます。スマホなら2~3年前のハイエンド端末の中古品が安く手に入れられるため、オーダー端末を複数台まとめて揃えるといったことが可能です。専用アプリをインストールし、システムのデータを同期させるだけでメニュー表や機能も反映されます。また、オーダー端末が高額でセルフオーダーを断念していたという際でも、タブレット端末なら全席に設置することが可能です。そのほかにも、追加オプションでクレジットカードや電子マネーに対応することもでき、スタッフが客席で精算受付を行うことも可能になります。

このようにposレジは飲食店にとってたくさんのメリットを与えてくれます。ミス防止やこれまで大変だった管理もタブレット一つで簡単に管理できます。ですのでまだ導入していないという方は早めにPOSレジの導入を検討しておくことをお勧めします。

WHAT'S NEW

多言語対応のPOSレジなら飲食店でも外国人スタッフを採用可能

近年、労働人口の減少から飲食店でもスタッフ不足に悩まされることが増えています。これまで外国人留学生などは言語の問題から採用を見送っていたものの、スタッフ不足を解消するため採用を検討したいというのであれば、最新の飲食店向けPOSレジを導入して対応しましょう。これまで問題となっていたのが、…

MORE

最新の飲食店向けPOSレジは最小構成でカウンターに隠せる

おしゃれな飲食店において、サイズが大きく、デザイン性が乏しいPOSレジはお客さんから見えないようにしたいと考えます。以前のPOSレジは専用設計でサイズが大きく、キャッシュドロアやプリンタが一体型となっていました。そのため、カウンターに鎮座する状態になりがちです。しかし、最新の飲食店向けPOSレ…

MORE

POSレジの導入で飲食店の材料在庫量を適正管理しよう

飲食店オーナーの方、いつも仕入れた材料が無駄になってしまい、費用的なロスが大きいと感じていませんか?メニュー数を増やした結果、材料の種類も増え、それに対応するため仕入数量も増えるといったことは少なくはありません。しかし、実際にはメニュー出数が管理できず、無駄ばかり発生している可能性があります。…

MORE

飲食店の運営管理はPOSレジの機能を利用して効率化しよう

飲食店オーナーの方、営業時間内の負担だけでも大変なのに、営業終了後の業務に追われていませんか?レジ締めから売上集計、材料発注そしてスタッフの労務管理など一人、もしくは少数で行っており、大きな負担となっているなら、最新の飲食店向けPOSレジを導入しましょう。飲食店向けPOSレジは、タブレ…

MORE